今日の絵本「きょうはなんのひ?」 瀬田貞二 作・林明子 絵

この本は すごい。って読むたび 思うの。
これが表紙。

林明子さんの絵って、表紙から すでにお話が始まってるんだ。
まみこが 朝ご飯を食べているおとうさん、お茶を入れてるおかあさんの様子を
うかがいながら

そ~っと

おとうさんの上着のポケットになにかを入れてる
(し~っ。ないしょだよ)
まみこのドキドキが もう 伝わってこない?

続きは ぜひ読んでね。

 

この本をまねて、おい、めいと宝探しゲームをよくやったなあ~
はじめに一枚の紙を渡すの。
たとえば
「使わないときに使って、使うときには使わないもの なーんだ?」って書いてある。
「ええーっ!なになに??」「わかんない~」

「あーっ!もしかして!」どどどどっ!(走る)
「あったあったぁ!お風呂のふたにはってある!」

「また、 なんか書いてあるわ」「え~ なになに??」
「んっと~、」

と  なぞなぞやクイズを解いて家の中を探していくと、最後にお年玉やプレゼントがもらえるの。
ほんっと、盛り上がるんだ~。毎回。

ちょっと探しても見つからないと すねたり、
「ヒント、ヒントちょうだい!」「答えをおしえてよ~」とせまってきたり。
こういうときって その子の意外な一面が出たりするんだよね~(*^▽^*)

ふだん無口な「おじいちゃんのいちばんだいじなもの」
なんて紙が出てきたら
「ほら、おじいちゃんに聞いておいで。」ってわざと会話の糸口をつくってみたり。ね。

家族の会話が増えるヒントが なかよくなれるヒントが
いっぱいつまってる絵本なの。
ねっ、すごいでしょ。